マネックス証券、米国株最低取引手数料を0.01米ドルにさらに値下げ、楽天証券に追従へ

マネックス証券、米国株最低取引手数料を0.01米ドルにさらに値下げ、楽天証券に追従へ

マネックス証券は2019年7月8日から米国株最低取引手数料を0.1米ドルに値下げすると発表していましたが、7月22日からさらに0.01米ドルへ値下げすることになりました。

楽天証券が米国株取引手数料を0.01ドルに値下げ、マネックス証券の0.1ドルを超える安さ

7月4日に0.1米ドルに値下げするという発表を行った翌日には、楽天証券が0.01米ドルに値下げするという発表を行いました。

楽天証券が米国株取引手数料を0.01ドルに値下げ、マネックス証券の0.1ドルを超える安さ

今回の発表は、楽天証券の値下げに追従するものと見られます。

おそらくマネックス証券も、0.01米ドルでは利益はでないのではないでしょうか。

日本株式市場全体が低迷するなか、外国株取引に活路を見出そうとする各社の思惑が交錯しているように思えます。

残るSBI証券は、現時点では5米ドルの手数料となっていますが、足並みを揃えて最低取引手数料を下げてくることが予想されます。

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。



レベルの高い株式投資情報ならこちらのランキングから探すのもおすすめです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

増やす(株式投資・投資信託)カテゴリの最新記事