楽天証券が米国株最低取引手数料無料化へ

楽天証券が米国株最低取引手数料無料化へ

2019年7月10日、楽天証券は、7月22日の現地約定分から米国株最低取引手数料を0.01米ドルから無料(撤廃)することを発表しました。

7月5日に従来の5米ドルから0.01米ドルに引き下げると発表したばかりですが、その後SBI証券が米国手数料無料を発表したことを受けて、無料化に踏み切ったようです。

楽天証券は、手数料の1%を楽天スーパーポイントで還元するポイントプログラムも実施しており、楽天証券が一歩リードしています。

最初に手数料の値下げを発表したのはマネックス証券ですが、現時点ではマネックス証券のみが0.01米ドルの手数料を残したままになります。

現在の流れからいくと、マネックス証券の手数料無料も時間の問題でしょうね。

値下げをするのは投資家にとっていいニュースではありますが、この3社は、あまりにお互いを意識しすぎている感もありますね。

投資家も、目の前の手数料だけにこだわらず、長期的な目線で証券会社の選択、米国株取引の判断をしていきたいものです。

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。



レベルの高い株式投資情報ならこちらのランキングから探すのもおすすめです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

増やす(株式投資・投資信託)カテゴリの最新記事