PayPay残高の名称と有効期限を変更へ、わかりづらいし、覚えづらい。だけど良いニュースです。

PayPay残高の名称と有効期限を変更へ、わかりづらいし、覚えづらい。だけど良いニュースです。

PayPayがPayPay残高に含まれる呼び方や有効期限を変更すると発表しました。
有効期限の撤廃や、残高の出金が可能になるなど、ユーザーにメリットのある変更のリリースです。

7月29日以降の名称

・PayPayマネーライト
銀行口座等からチャージした残高や、「ヤフオク!」の売上金チャージによる残高。
有効期限は無制限。残高を送る機能やわりかん機能あり。払い出し(出金)は不可。

・PayPayボーナス
特典やキャンペーン等の適用に伴い、進呈される残高。有効期限は無制限。

・PayPayボーナスライト
特典やキャンペーン等の適用に伴い、進呈される有効期限が短い残高。
有効期限は付与日から60日間。

9月30日以降に追加される名称

・PayPayマネー
当社へのYahoo!マネー事業の統合(※1)以降(2019年9月30日予定)に、所定の本人確認の手続きを済ませたお客さまが利用できるようになる、払い出し(出金)ができるPayPay残高。銀行口座などからチャージした残高は、「PayPayマネー」になる。

変更前後

変更のポイント1

9月30日までは、チャージした金額はPayPayライトと呼ばれ、出金することができません。
9月30日以降に銀行口座からチャージした金額は、PayPayマネーと呼ばれ出金することになります。
変更以前にチャージした金額は、PayPayマネーライトとなり、引き続き利用はできますが、出金できません。

変更のポイント2

変更前はチャージした金額の有効期間が5年となっていましたが、変更後は有効期間は無期限となります。
また、キャンペーン等で入手したPayPayボーナスも、変更前は2年でしたが、こちらも変更後は無期限となります。

PayPayボーナスミニは、もともと期間限定で付与されたTポイントなどの代わりとなるもので、変更後も変わらず60日となります。

Yahoo!マネーとはなにか?

Yahoo関連のサービスで使える電子マネーで、ヤフオクやYahoo!ショッピング、LOHACOなどで利用できた電子マネーになります。
2019年6月28日に、PayPayと統合するが発表されました。

【重要】「Yahoo!マネー」「預金払い」のPayPayへの事業統合に関するお知らせ

Yahoo!Japan内で利用できるお金をPayPayに統合していく流れが進んでいます。PayPayは銀行や証券などの商標登録を進めており、Paypay経済圏を作る狙いのように思えます。

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。



レベルの高い株式投資情報ならこちらのランキングから探すのもおすすめです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

スマホQR決済カテゴリの最新記事