「LINE Payかんたん送金サービス」リリース、企業から個人へ、銀行を介さずに振込

「LINE Payかんたん送金サービス」リリース、企業から個人へ、銀行を介さずに振込

LINE Pay株式会社は、企業から個人に、ダイレクトに報酬やインセンティブなどの臨時収入を受け取ることができる「LINE Pay かんたん送金サービス」を提供開始したと発表しました。

銀行口座を介さない送金手段として、新しい流れを作りそうなサービスです。

リリースによると、この機能で以下の様な流れを想定しているようです。

企業立て替え金精算
経費・交通費精算
ECでの返品に伴う返金
クラウドソーシング報酬受け取り
リユース買取代金の受け取り
ポイント交換
キャンペーン懸賞金
キャッシュバック

給料は対象外

給料も直接LINE Payにできないのかと考えてしまいますが、現時点では、法律により振込はできません。

給料の電子マネーにより支払いは、2018年12月に解禁の方針が決定されています。

政府、給与支払いに電子マネー解禁へ 

給料の電子マネー振込については、一見すると簡単にできそうに思えますが、生活に関わる重大なお金という部分で資金の保全性などに課題があるようです。

問題は山積!?「給与の電子マネー化」に向けて解決すべき課題を聞いた

受取上限額

一回の受け取り上限額は、以下の通り。

「LINE Cash」(本人確認前アカウント)は10万円
「LINE Money」(本人確認後アカウント)は100万円

デメリット

本人確認がすんだLINE Moneyであれば、銀行振り込みやATMからの払い出しが可能になりますが、出金手数料として216円(税込)が発生します。

基本的に現金として払い出しはしない想定で使うのが良さそうです。

導入企業、対応企業

2019年7月22日現在、以下のサイトに導入が決定しています。

・株式会社リアルワールド 「RealPay
クラウドソーシングの報酬等で貯めたポイントをまとめたRealPayの交換先(2019年7月22日開始)

・株式会社CAMPFIRE

polca
フレンドファンディングアプリで企画を通して集まった支援金の出金(2019年8月開始予定)

Gojo
コミュニティ内で使える共通のお金を集め、使い道として使用する資金出金(2019年8月開始予定)

・GMOメディア株式会社 「ポイントタウン byGMO
ショッピングやサービス利用で貯めたポイントの交換先(2019年9月開始予定)

LINE Payナンバー(送金番号)はどこに表示されている?

LINE Payナンバー(送金番号)が見つからない、わからないという方も多いのではないでしょうか?

「ウォレット」の「LINE Pay」残高をタップしたあとに表示される残高表示の右上に小さく表示されています。

LINE Pay簡単送金サービス

リリース情報

今後給料の振込サービスが解禁になった際、我々がこのサービスがどのように活用できるのか気になります。

個人的には、給与全額がLINE Payというのは考えづらいので、給料の一部(数万円など)をLINE Payに送金できるとかできると使い勝手はいいなと思います。

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。



レベルの高い株式投資情報ならこちらのランキングから探すのもおすすめです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

スマホQR決済カテゴリの最新記事