楽天カードがGoogle Pay(旧Andoroid Pay)での支払いに対応へ

楽天カードがGoogle Pay(旧Andoroid Pay)での支払いに対応へ

楽天カードは、2019年7月23日より、Google Payでの支払いに対応すると発表しました。

概要

おサイフケータイに対応したAndoroid搭載のスマートフォンに楽天カードを登録すると、全国のQUICPayに対応した店舗で決済が可能になります。

使える店舗

Google Pay は、Google が提供する支払いサービスです。全国のコンビニエンスストア、ガソリンスタンド、スーパーマーケット、ドラッグストア、タクシー等のQUICPay™対応の店舗(対応端末台数:約90万台 ※2019年3月末時点)にて、Google Pay に追加した楽天カードをご利用いただけるようになります。
サービスページ

対象カード

対象は、Mastercard/Visa/JCBブランドの楽天カードとなります。アメリカン・エキスプレスブランドのカードは対応していないようです。

この発表を聞いて、むしろ今まで使えなかったのかと思いました。

楽天カードを利用した決済手段が広がっていくのは重要ですね。ただ、もし楽天ペイも使える店舗であれば、楽天カードを紐付けた楽天ペイで支払う方が楽天スーパーポイントの獲得には有利です。

楽天カードと連携した楽天ペイは200円(税込)ごとに3ポイントが獲得できるので、QUICPayで支払うよりもはるかにお得です。

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。



レベルの高い株式投資情報ならこちらのランキングから探すのもおすすめです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

クレジットカードカテゴリの最新記事