SBI証券がTポイントプログラム導入へ、Tポイントには久々の明るいニュース

SBI証券がTポイントプログラム導入へ、Tポイントには久々の明るいニュース

SBI証券でTポイントプログラムが2019年7月20日(土)より導入されることが発表されました。

ポイントとしては大きく3つあります。

・Tポイントで投資信託の買い付けができる「Tポイント投資」が開始
・新規口座開設、国内株式現物取引、投資信託取引、金・プラチナ取引、国内株式入庫、その他各種キャンペーンでTポイントが貯まる
・リリース記念キャンペーンの開催

SBIグループには、元々SBIポイントと呼ばれるSBIグループ内で利用できるポイントがありましたが、今回はより普及しているTポイントを全面的に取り入れる事になりました。

一昔前だったら、証券取引でポイントが貯まる・使えるというのは考えられないことでしたが、楽天証券で楽天スーパーポイントが使えるようなったように、投資をより簡単に行う環境が広まりつつあります。

今後SBIグループ内で、Tポイントが普及していく余地があるのか、今後の展開も気になるところです。

Tポイントの導入には、利用規約の同意が必要で、同意が済んでいない方には、引き続きSBIポイントが付与されるとのことです。
(移行期間2019年7月20日~2020年1月31日)

リリース記念キャンペーン

以下の3つのキャンペーンがスタートします。

◎総額2,000万円相当!20名のお客さまにTポイント100万ポイントプレゼント!

◎口座開設で、20万ポイントの期間固定Tポイントを100名のお客さまで山分け!

◎「Tカード番号登録」で、期間固定Tポイント100ポイントプレゼント!(※先着60,000名さま)

SBI証券がTポイントを取り入れるメリットは?

すでに多くのユーザーが保有しているTポイントを、SBI証券の投資信託購入にあてることができるという意味では、投資信託の残高を増やす面で直接的な貢献は大きそうです。

実際に、クレディセゾンのポイント積立投資のようなクレジットカードのポイントを投資に回すサービスなど、ポイントを投資に利用できるサービスは増え始めています。

SBI証券は少し遅れながら、その流れに追いついたといったところでしょうか?

Tポイントの勢力拡大になるか

Tポイントは、ドトールコーヒーのTポイント撤退や、TSUTAYA店舗の縮小などネガティブなニュースが多かったですが、ここにきて証券最大手のSBI証券と組めたことは、Tポイント勢力としても明るいニュースになったのではないでしょうか。

Tポイントは、他にもYahoo!Japanがメインとして取り扱っていますが、Yahoo!の一部のサービスでは、ポイント付与をTポイントから、PayPayボーナスに変更するなど、Tポイントを巡る環境は大きく変わりつつあります。

様々なPayサービスが登場するなかで、Tポイントの生き残りをかけた戦いは、正念場を迎えているのかもしれません。

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。



レベルの高い株式投資情報ならこちらのランキングから探すのもおすすめです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

証券会社カテゴリの最新記事