増税時、クレジットカード各社の還元上限は15,000円【日経新聞】

増税時、クレジットカード各社の還元上限は15,000円【日経新聞】

日本経済新聞は2019年8月1日、増税時のキャッシュレス還元は、クレジットカード会社は上限15,000円となる見通しを示しました。

増税時キャッシュレス還元、カードは月1万5000円まで

なお、QR決済サービス各社は画一的な上限を設けず、各社ごとで設定されるということです。

キャッシュレス還元とは?

2019年10月に消費税が10%に増税されるにあたり、政府はキャッシュレス事業者還元事業を実施します。

事業者によるキャッシュレス決済の導入、消費者によるキャッシュレス決済の利用に対して、期間限定で補助金による支援します。

消費者に対しては、キャッシュレス決済によるポイント還元(中小・小規模事業者店舗5%、フランチャイズ店舗2%)が通常の還元に上乗せされます。


引用元:キャッシュレス消費者還元事業

還元対象となる店舗は事前に還元事業に登録した事業者のみで、消費者は以下のマークがあるかどうかを判断基準とすることができます。

消費者の利用上限額は?

クレジットカードの還元率が5%の場合、上限の15,000円に達するには300,000円の利用までということになります。

上限の設定は1枚ごとで、複数枚所持している場合は、それぞれで上限の還元が得られることになります。

法人カードなども還元対象なのかは気になりますね。

スマホQR決済の還元率はどうなる

今回の報道はクレジットカード会社は足並みを揃えるということですが、スマホQR決済事業者は一律の還元率とはならないようです。

すでにPayPayは、最大5%還元とする方針を発表しています。

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。



レベルの高い株式投資情報ならこちらのランキングから探すのもおすすめです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

スマホQR決済カテゴリの最新記事