マネックス証券が米国株手数料を最低0.1ドルに値下げ

マネックス証券が米国株手数料を最低0.1ドルに値下げ

マネックス証券は2019年7月4日、米国株手数料を従来の最低手数料5ドルから0.1ドルに値下げすると発表しました。

ダウ指数最高値!最低取引手数料を0.1米ドルへ!

また、同時に米ドル為替手数料も2020年1月まで無料になるとのことです。

今回の手数料改定により、主要SBI証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券の中では、最低手数料になります。

適用は現地7月8日の約定分からになります。

マネックス証券 手数料

最大手数料の20米ドルは変わりなさそうです。

マネックス証券の米国株取引は、約定金額の約定代金の0.45%が手数料としてかかりますが、今回はその最低手数料が0.1ドルに切り下げられたというニュースでした。

なお、本日マネックス証券の米国株サービスのセミナーに参加する予定ですので、より詳しいレポートが報告出来ると思います。

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。



レベルの高い株式投資情報ならこちらのランキングから探すのもおすすめです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

増やす(株式投資・投資信託)カテゴリの最新記事