米国株、不動産セクターの特徴と動きを過去のチャートから読み解きます

米国株、不動産セクターの特徴と動きを過去のチャートから読み解きます

今回は米国株の中でも不動産セクターに絞って、景気循環の中で不動産セクターがどのような動きをするか、米国REITのETFであるIYRをベースにS&P500とパフォーマンスを比較したいと思います。ちなみにIYRは配当の再投資を考慮していないため、ここで紹介する以上にパフォーマンスは良いはずです。

ITバブルの後、S&P500は低迷していますが、IYRは大きくパフォーマンスを伸ばしています。(下図)

次の図はリーマンショックの直前の高値を基準に比較しています。2008年のリーマンショックの直後はS&P500に比べると大きく下げています。景気の後退局面ではパフォーマンスが悪いというのが分かります。(下図) しかも、その後の回復局面を考慮しても、圧倒的にS&P500が上回っています。(繰り返しになりますが、IYRは配当の再投資を考慮していません。)

2017~2020年の期間で、米国株がさらに好況でS&P500が伸びてくると、IYRのパフォオーマンスは相対的に低下します。やはり景気循環でも回復局面には強いと言えそうですが、それ以外の場合のパフォーマンスはS&P500に劣っています。

次の図ではリーマンショックの底に基準を合わせています。そうすると面白い事にまたIYRのパフォーマンスがS&P500を上回ります。(下図)うまく底値付近で買うことができれば、S&P500を上回るパフォーマンスが出せそうです。

IYRとS&P500

最後に2020年のコロナショックで比較してみます。(下図)
やはりS&P500のパフォーマンスが上回っています。

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。



レベルの高い株式投資情報ならこちらのランキングから探すのもおすすめです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

米国株カテゴリの最新記事