[米国株][銘柄分析][DIS]ウォルト・ディズニー 長期投資目線でどう評価するか?

[米国株][銘柄分析][DIS]ウォルト・ディズニー 長期投資目線でどう評価するか?

概要

言わずとしれたミッキーの会社です。

コロナウィルスによる休業の影響から2020年3月期(2Q)の純利益は前年同期比91%減となり、非常に苦しい状況です。

基本情報

配当の権利落ち月 7月、12月
配当の支払い月 1月、7月
ROE:16.06倍
PER:16.18
PBR:2.03
2019年9月期実績、株価は2020年5月5日基準

財務指標

年間1株益と1株あたりの配当推移

売上高 純利益 希薄化後一株益 1株配 配当性向 純利益率
2015 52465 8382 4.9 1.37 27.96% 15.98%
2016 55632 9391 5.73 1.49 26.00% 16.88%
2017 55137 8980 5.69 1.62 28.47% 16.29%
2018 59434 12598 8.36 1.72 20.57% 21.20%
2019 69570 11054 6.64 1.76 26.51% 15.89%

四半期1株益と1株あたりの配当推移

四半期 希薄化後EPS 1株配当
2018年12月 1.86 0.88
2019年3月 3.54
2019年6月 0.97 0.88
2019年9月 0.58
2019年12月 1.16 0.88
2020年3月 0.26

評価

高配当銘柄というわけではありませんが、株式の上昇によるリターンは見込めると思います。

売上や一株益も毎期必ず上昇しているという訳ではなく、前期比で下がっている場所もありますが、全体の傾向としては上昇傾向にあります。

少し大局的に見ると、ディズニーは知的財産権による他業種との差別化が優れており、収益性の部分で長期的に安定した成長が見込めると考えています。

最近だとアナと雪の女王2やスター・ウォーズのヒットもありました。動画コンテンツではnetflixを追いかける形となっており、2019年には動画配信サービスのhuluを配信しています。

サブスクリプションのDisney+を2019年11月にローンチし、順調にユーザーを増やしているようですが、今後の決算で詳しい推移がでることでしょう。

いずれにしてもコロナウィルスによる一時的なダメージはあるにしても、長期的には継続的に投資対象になると考えています。

一方で見方を変えて、S&P500のパフォーマンスに勝てるのか?という目線で見ると、直近7年位で比べるとS&P500に投資した方がパフォーマンスは良さそうです。

7年以上のパフォーマンスで見ると、DISの方がパフォーマンスは優れています。(オレンジはS&P500)

[DIS]の株価の推移

DISはS&P500の値動きに比べるとボラティリティが高いように感じます。少しリスクが高いように感じますので、幅広いポートフォリオの一つとして加えるのはありですが、集中的に肩入れする銘柄ではないという印象です。

知っている銘柄で、ディズニー好きという方はポートフォリオに少し加えてみるのはアリだと思います。

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。



レベルの高い株式投資情報ならこちらのランキングから探すのもおすすめです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

米国株カテゴリの最新記事