年収2000万円を稼ぐK氏のお金の価値観

年収2000万円を稼ぐK氏のお金の価値観
年収が高ければ人は幸せになれるのか?

そんな疑問を抱いたことはないでしょうか?

先日、私の古くからの友人Kと会ってきました。彼は、とある外資系のサラリーマンで、今では年収2000万円を稼いでいます。(ちなみに過去最高の年収は5000万円だとか。)

今回はそんな彼がお金に対してどういう価値観をもっているのか聞いてきました。

幸福度高い?

やはり最初に気になるのは、年収が高ければ幸福度は高いのか?という点でしょう。

少なくともK氏に関して言えば、今のライフスタイルは充実しているようでした。

周りの稼いでいる同僚も幸せそうに見えるということです。

「でも忙しいんでしょ?」

と思いたくもなりますが、聞いたところ「仕事はそんなに大変ではない。」と回答が。

仕事が忙しくなく、年収2000万とはいやはや羨ましいを通り越してもはや凄い。

お金とは、社会価値のバロメーター

お金とは何のか?というのを色々な話を通して感じた私の感想は

「お金が増えるというのは、自分の社会評価のバロメーターになっているという」感じでした。

年収は増やしたいという話でしたけど、それはもっとお金が欲しいという意味よりも、もっと社会的な自分の価値を高めたいという高い欲求のようです。

他の同僚もきっと意識高いのかなとも思ったのですが、彼の部下についてはそういった高いモチベーションがなく、困っているというような話をしていました。最低限の給料が保証されているらしく、頑張らなくてもそれだけもらえるならと保守的になってしまっているらしいです。

お金よりも今はいかに成長できるかが彼にとっては重要なんですね。

お金の使い方

今はコロナということでほとんどお金を使っていないということでしたが、お金を使うことに関してはほとんど無頓着のような印象でした。実際に1000万クラスの車を2年ごとに買い替えているようです。

お金を貯めることにはそんなに重視していない感じでした。むしろ勝手に貯まっていくという感じ。

それだけ貯まって死ぬ時どうするか?なんて野暮な事も聞いてみたのですが、

「誰かにあげればいいんじゃないですか?」

というそっけない回答が。やっぱりお金に執着してないですね。

資産形成に関してはあまり踏み込んで聞きませんでしたが、投資のようにお金自体を増やしたいという欲求は少ないのかなという印象です。

話した雰囲気だとあまり投資には興味がないのかなと。

まとめ

庶民の感覚からすると、「お金は稼いでいるけど実は幸せではない。」みたいな話が好きな印象なんですが、実態はお金を持っている人の多くは幸せであるというのは少なくともK氏の話からは言えそうです。

K氏のようにお金を稼ぎたいというのはあるにせよ、自分の成長を追い求めるという仕事スタイルに非常に刺激をうけました。

本当にお金を稼いでいる人は、お金を稼ぐことが目的ではないというのは印象的でした。お金はやりたい事の後からついてくる。というような感じだと思います。

投資でお金を増やすという観点でいえば、株式投資などの資産運用に投資するよりも、自分自身の成長に投資したほうが、効率はいいという感覚だと思います。

<あとがき>
とりあえず今度1000万クラスの車でドライブするという話をしたので行ってみたいみたいと思います。

このブログでは、「ごく個人的なお金の話」というコンセプトで、あなたのお金の価値観を刺激するコンテンツを配信しています。

Twitterアカウント(@seita_wach)では、更新情報も投稿していますので、是非フォローお願いします。

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。