自分で好奇心を持ち、自分で調べ、自分で決める人が勝つ – 松本大

自分で好奇心を持ち、自分で調べ、自分で決める人が勝つ – 松本大

お金とは何なのか?

それは最近私がよく考えるテーマです。

実は先日マネックス証券の米国株のメディア向けセミナーに行ったのですが、そこで、一冊の本を頂戴しました。

マネックス証券の創業者であり、社長の松本大氏が書いた「お金の正体」という本です。

お金の正体

松本氏がこれまでの経験の中で、お金とは何のかを説いています。

個人的には「投資の正体」というセクションを興味深く読ませていただきました。

特に投資に必要な考え方で、

「自分で好奇心を持ち、自分で調べ、自分で決める人が勝つ」
「なぜ、自分が負けてしまったのかを考える。」

という考え方は、非常に参考になりました。

実際に投資では、人が良いと言えばよく見えてしまい、人が悪いといえばダメに見えてしまう部分があるように思います。

「自分で判断しなければ、買ったあとに売るタイミングを決めることができない。」

という考えは、当たり前のことかもしれませんが、証券会社の第一線で活躍してきた松本氏だからこそ、重みのある言葉であると思いました。

<sponsor>

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。