AT&Tがディスカバリーと新会社設立で株価下落、何が起こった?

AT&Tがディスカバリーと新会社設立で株価下落、何が起こった?

2021年5月17日、AT&Tは、メディア大手のディスカバリーとメディアの新会社を作ることを発表しました。

AT&T’s WarnerMedia and Discovery, Inc. Creating Standalone Company by Combining Operations to Form New Global Leader in Entertainment

これをうけて、一時は株価が上昇したものの、その後株価はがつんと急落しました。

価格下落の原因は、リリースにある以下の内容によるもののようです。

AT&T expects an annual dividend payout ratio of 40% to 43% on anticipated free cash flow1 of $20 billion plus.

これによれば、20億ドル以上のキャッシュフローのうち、40%〜43%を年間配当として見込んでいるとあります。従来はキャッシュフローの50%を占めると発言してたことから、減配が見込まれるとのことで、株価下落の要因となったようです。

CNBCでジム・クレイマーは、AT&Tのタイム・ワーナー社の2018年の買収はそもそも失敗だったと批判しています。[1]

2020年に連続増配はストップ

AT&Tは2020年に配当を据え置いたことで、連続増配がストップしています。2019年の時点で配当性向は100%を超えていたので、高配当銘柄とはいえ厳しい印象でした。足元でも6.9%〜7%の配当利回りではありますが、業績の回復ができるのか?減配がどうなるかによって予断は許しません。

株価が下がっているからといって、追加の投資には注意したいところです。

[1]・・・Cramer rips AT&T leadership over the handling of WarnerMedia and the planned dividend cut

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。