楽天証券、SBI証券、マネックス証券、auカブコム証券の取引手数料を比較

楽天証券、SBI証券、マネックス証券、auカブコム証券の取引手数料を比較

楽天証券、SBI証券、マネックス証券、auカブコム証券で、手数料を比較します。余計な情報を極力排除したので、かなり見やすいと思います。

結論から言えば、コスト的な観点でいえば、圧倒的にSBI証券が有利です。

国内取引手数料

いずれの証券会社も呼び方は違いますが、1回ごとに手数料が発生するコース(この記事では都度コースと表記)と、1日の約定代金で手数料が決まる定額コースがあります。

  メリット デメリット
都度コース 全体の手数料が安い 少額でも手数料が発生
定額コース 一定額まで無料 一定額を超えると割高に

都度コース

取引金額 楽天証券 SBI証券 マネックス証券 au カブコム証券
5万円まで 55円 55円 99円 110円
10万円まで 99円 99円
20万円まで 115円 115 円 198円 198円
50万円まで 275円 275 円 275円 495円
100万円まで 535円 535 円 1,089円 1,100円
150万円まで 640円 640 円 1,584円 1,650円
3,000万円まで 1,013円 1,013 円 4,059円 33,000円~
3,000万円超 1,070円 1,070 円

確認日:2021年3月31日

※楽天証券は、手数料の1%の楽天ポイントが付与
※SBI証券は、手数料の1.1%のTポイントが付与

定額コース

こちらは本来はデイトレード向けのコースですが、1日の約定金額次第では、都度取引の手数料も無料になります。取引金額が少ない方は、こちらのプランに設定するのをおすすめします。

1日の約定代金 SBI証券
アクティブプラン
楽天証券
いちにち定額コース
松井証券 マネックス証券
一日定額手数料
50万円まで 0円 0円 0円 550円
100万円まで 1,100円
200万円まで 1,278 円 2,200円 2,200円 2,750円

確認日:2021年3月31日

米国株

米国株は各証券会社で横並びです。一応0円からということにはなってますが、通常の投資家が選ぶような銘柄は数十ドルしますので、0円で取引できるものはなさそうです。

約定代金 楽天証券 SBI証券 マネックス証券
最低手数料 0円
4,444.45米ドル未満 約定代金の0.495%(税込)
4,444.45米ドル以上 22米ドル(税込)

あと、特定のETFに関しては、手数料が無料になってます。

楽天証券で手数料無料になるETF

VT バンガード®・トータル・ワールド・ストックETF
VOO バンガード・S&P 500 ETF
VTI バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
SPY SPDR S&P 500 ETF
RWR SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF
GLDM SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト
AIQ グローバルX AIビッグデータ ETF
FINX グローバルX フィンテックETF
GNOM グローバルX ゲノム&バイオテクノロジーETF

ソース:楽天証券

SBI証券で手数料無料になるETF

バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)
バンガード S&P 500 ETF(VOO)
バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)
iシェアーズ S&P 500 ETF(IVV)
SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY)
ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)
ウィズダムツリー米国株高配当ファンド(DHS)
ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド(DLN)
ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長(DGRW)

ソース:SBI証券

まとめ

手数料的にはSBI証券が有利で、準じて楽天証券という結果になります。

ただ私はそれでも楽天証券をメイン証券として利用しています。楽天証券は楽天経済圏と呼ばれる、楽天市場、楽天銀行、楽天カードを組み合わせることでお得に使うことができるという理由です。
楽天証券 徹底解説2021 ここがいいよね メリット・デメリット ヘビーユーザーの口コミ・評価

関連するメディア

Twitterでは、投資や節約など資産形成に役立つ情報を発信しています。




Youtube「SEITAのマネーちゃんねる」を運営。お金の知識をアップデートするをコンセプトとして資産形成に役立つ情報を配信しています。